ライジングサンガイド について

ライジングサンガイドでは認定ガイド(国際山岳協会(IFMGA)の傘下であ ACMG/JMGA//NZMGA/AMGAの認定ガイド)や、認定ガイドになるための資格・トレーニングをしているガイドを集め、パウダーを滑ることはもちろんですが常に楽しみと安全を第一に考えガイド業を行っております。
専門的な知識(地域の土地勘のみではなく、雪崩に関するスノーセーフティ、野外での救援救助、レベルに合わせたルート選び等)を身に着けた世界各国でキャリアを積んできたプロのガイドがその知識とそのスキルを使って北海道が世界に誇るパウダーを安全に楽しむお手伝いをさせていただきます。リターンスタッフも多いため、安全で確かなパウダースポットをご提供できること間違いなしです

 

ガイドチーム

Andrew Spragg ( アンドリュー )

オーナー/ガイド (カナダ)
2003年に初めて北海道のパウダーを滑り、その時から北海道パウダーの虜となったのが始まり。気づけばその後10数年以上もの間、日本に住み、働き、ガイドとしていろいろな場所を探検し、たくさんの人とパウダーハンティングを続けてきたアンドリュー。札幌ローカルだった今の奥さんとなる女性と出会い、2016年に二人でライジングサンガイドを立ち上げました。
ライジングサンは、最高の安全基準を維持しながらその日のベストパウダーを最もユニークなラインで攻め、温泉や日本が誇る食文化も忘れることなく堪能できるツアーを提供することを目的としたプロのバックカントリーガイドの集まりです
また、雪崩教育を発信することにより、北海道の山岳コミュニティにおける重要な役割の一部として今後ともバックカントリーを楽しむすべての人の力になれるよう尽力していきます。
Qualification/資格
・ACMGスノーボードガイド(Association of Canadian Mountain Guide:カナダ山岳協会)
・CAA雪崩業務従事者レベル2(Canadian Avalanche Association:カナダ雪崩協会)(雪崩予報士)
・CAA 雪崩プロフェッショナル
・職業応急手当レベル3(80時間)

Chris Engelhardt (クリス)

ガイドマネージャー(USA)
クリスはプロとしてのキャリアをほとんどスキーガイドとして過ごし、その幹となる経験(~15年)を積み上げてきたのは、シルバートンマウンテン(コロラド)とアラスカでのヘリスキーオペレーションです。
2014年春にアンドリューとクリスが初めてアラスカで出会い、クリスは’14‐’15シーズンを北海道でアンドリューとガイドとして働きました。その後、アメリカに戻り2017-2021までイースタンシエラ雪崩センターにて雪崩予報士として勤務。やっと今シーズン日本に戻る道が開いたことで、ライジングサンチームに加わることになりました。
Qualification/資格
・雪崩予報士
・野外災害救急法(80時間)

Alasdair Hogg( アリ )

ガイド(カナダ)
出身はスコットランドですが、15年前にカナダに来て以来スキーパトロールとしてキャリアを積み、雪崩対策チームに昇格。その後もバックカントリーガイドとしてのキャリアを積みACMG認定ガイドとなってからも、雪崩予報士として5冬季の間ガイドと予報士と言う2足の草鞋でキャリアを重ね続けるアリ。
Qualification/資格
・ACMGスキーガイド(Association of Canadian Mountain Guide:カナダ山岳協会)
・CAA雪崩業務従事者レベル2(Canadian Avalanche Association:カナダ雪崩協会)(雪崩予報士)
・CAA 雪崩プロフェッショナル
・野外災害救急法(80時間)

Steve (スティーブ)

(ガイド)

スティーブはイギリス出身です。90年代にシェフ・レストラン経営者として仏アルプスへ渡り、現在は ノルウェー北部を拠点とし、北極から南極まで世界中の探検隊をガイドしています。スティーブが、山にいないときはサーモンフィッシングやサーフィンを楽しんでいます。

Qualification/資格

・ACMGスキーガイド

(Association of Canadian Mountain Guide:カナダ山岳協会)

・CAA雪崩業務従事者レベル2

(Canadian Avalanche Association:カナダ雪崩協会)(雪崩予報士)

・CAA 雪崩プロフェッショナル
・野外災害救急法(80時間)

Toshi Ota ( トシ )

ガイド (日本)

北海道は苫小牧出身のトシは、北海道中の山すべてに自分の足跡をつけようとありとあらゆる山を登り、自分のテリトリーを広げていきました。足跡ミッションがひと段落した2013年からはカナダやニュージーランドでラフティングガイドとして自身のガイド力を磨き、2017年に帰国と同時にRising Sun Guidesチームに加わり、現在までに至ります。今シーズンもトシは自分の秘密スポットを共有できるラッキーなゲストと楽しくパウダーを滑るのを楽しみにしています。

Qualification/資格
・JANオペレーション レベル1(日本雪崩協会 業界用コース)
・野外災害救急法(80時間)

Kaj Sonnichsen (カイ)

(ガイド)
カイはオーストラリアで育ったノルウェー人です。20年以上もスキー業界に身を投じ、様々なスキー関連の仕事を経験してきました。スキーテックとしてキャリアをスタートし、何年もの間ノルウェーやニュージーランドでスキーパトロールを経験した後、そのキャリアはスキーガイドへと変わっていきます。彼のスキーツアーと旅に対する情熱は、世界の屋根とも呼ばれるパミール高原からの高い標高を滑走したり、アンデス山脈・北極圏ノルウェーをトラバースしたりと様々です。 昨今は、スキーガイドとして、また雪崩予報士としてノルウェーで雪崩速報を出しています。カイは、NORTINDと呼ばれるノルウェーのIFMGA加盟ガイド団体認定ガイドです。
Qualification/資格
  • NORTIND スキーガイド (ノルウェーのIFMGA(国際山岳ガイド)関連組織)
  • CAA雪崩業務従事者レベル2
  • 看護師

Scott (スコット)

(ガイド)
スコットはニュージーランド出身です。1994年からスキー業界に足を踏み入れ、2001年からスキーガイドのキャリアをスタートし、2014年にはNZMGAの認定スキーガイドとしてのキャリアをスタートさせました。
’23-’24は、スコットにとって4シーズン目の日本です。ライジングサンでパウダーを滑っていないときは、ニュージーランド(カンタベリー)で夏はマウンテンバイクトレイルを作ったり、冬はポーターズアルパインリゾートでスキーパトロールマネージャーとして働いている2児の父親です。
Qualification/資格
・NZMGA スキーガイド
・ニュージーランド山岳安全協会 雪崩予報士
・雪崩リスク管理 レベル6
・PHEC :救命救急ファーストレスポンダー

Adam (アダム)

(ガイド)

オーストラリアのサンシャインコーストで育ったアダムはサーフインや海でアウトドアへの情熱をはぐくみ、2017年に医学研究における科学のキャリアを捨て、ニュージーランドでガイドとしての道を進みだしました。

その後、カナダでガイドの経験を積み、パタゴニアで登山とトレッキングのプログラムを運営し、ニュージーランドでトレッキングガイドとしてキャリアを積んできました。

Qualification/資格

・NZMGAアシスタントスキーガイド

・NZMGAアシスタントアルパイントレッキングガイド

・CAA雪崩業務従事者レベル1(Canadian Avalanche Association:カナダ雪崩協会)

・入院前の救急ケア

Mark (マーク)

(ガイド)
マークは成人してからのほとんどの時間をスキー業界で働いてきました。スキーインストラクターからそのキャリアをスタートさせ、スキーパトロール、雪崩教育者、そして現在はスキーガイドです。
彼は、キャリアのほとんどをアメリカ、ユタ州で過ごし、モンタナ州ワシントン州でも過ごしました。夏の間は、米国西部を横断するマウンテンバイクのガイドをしています。

Qualification/資格

・米国雪崩研究所プロフェッショナル レベル2

(American Avalanche Institute 雪崩予報士)

・救急医療技術者

Sven Gorham (スベン)

ガイド(オーストラリア)
出身はオーストラリアですが、山での仕事に身をささげることを決めた彼がNZへ移住し、その後ニュージーランドと日本の間で終わりのない冬を10数年以上追い続け常にスキー産業でスキルと経験を身に着けているスベン。初めて日本に来たときは、スキージャパンでスキーインストラクター、のちにオフピーストガイドとして働いていましたが、バックカントリーガイドとして経験を積みたい、プロのガイドと切磋琢磨したいとう思いを決めたスベンは、2018-2019シーズンにライジングサンの門をたたきました。2022-2023シーズンは彼にとってライジングサンでの3度目のシーズン、日本では9シーズン目となります。
Qualification/資格
・雪崩リスク管理ステージ5(ニュージーランド雪崩協会 業界用コース)
・プレホスピタル救急医療 (PHEC:Pre-Hospital Emergency Care)

Sam Lam (サム)

ガイド(カナダ)
マウントワシントン(ブリティッシュコロンビア州, カナダ)でスキーパトロールとして業界へ足を踏み入れたサム。徐々に自分のスキーレベルのさらなる上達と共に、スキーガイドとしてのキャリアを築き上げたいと思うようになりました。2018-2022シーズンは、キーファレイクキャットスキー(カナダ)でテイルガイドとして経験値を上げました。夏の間、サムはシーカヤックガイドでもあり、カナダのクラシックボートショーで1位入賞をしたこともあるコロンビアⅲの甲板員でもあります。
Qualification/資格
・CAA雪崩業務従事者レベル2(Canadian Avalanche Association:カナダ雪崩協会)
・CSGAレベル1(カナディアンスキーガイド協会)
・職業応急手当レベル3(80時間)

Megan Roth  (メグ)

ガイド(カナダ)
メグは、カナダロッキー山脈の麓で働き、生活を続けて10数年となります。自身の医療業界でのキャリアを積む前にスキーパトロールとしてのキャリアを選んだメグ。現在、カナダで登録のある看護師として働く傍ら、冬はKPowキャットスキー(アルバータ州,カナダ)ガイドでもあります。彼女の地元のロッキー山脈/ユコンでも数々の素晴らしい旅を経験しています。今シーズン、初めてライジングサンチームに加わります。
Qualification/資格
・CAA雪崩業務従事者レベル1(Canadian Avalanche Association:カナダ雪崩協会)
・看護師

Yui Spragg 資格

アドミン (日本)
札幌生まれの札幌育ち。小さなころからスノーボードを始め、パウダーさえあればどんな地形でもライジングサンガイドたちに後れを取らずについてくることができます。北海道育ちだからか、パウダー以外のコンディションで滑ることはほとんどないという。贅沢なパウダー女子。
ライジングサンでは、ゲストの宿泊予約や温泉・レストラン検索、パウダーガイド以外の表舞台には出ない裏方としてチームをサポートしています。

Anna (アナ)

(予約スペシャリスト)

アナは、ソフトウェアの開発者として通常はピレネー山脈をベースに常に山がありスキーやクライミング・ハイキングに行きやすい場所から仕事をしています。アルプス山脈でスキーやクライミングのラインを探しに行くのも大好きなアナは、今シーズンはRising Sunで終わりのないパウダーを楽しみにしています。

Brannen (ブランナン)

(Rising Sun レジェンド)

2023年夏、ウィスラー(カナダ)でマウンテンバイク事故でこの世界から旅立ってしまったブランナン。オペレーションマネージャーとしてRising Sunが始まったときから常に重大な役割を担い、誰も真似できないユーモアでチームを支えながらも、可能な限りパウダーを滑りたいという彼の願望は、スキーと仕事を100%の力で楽しむというRising Sun Guideの原動力でした。今後も、ブランナンのスピリットを忘れず、チーム一丸となってすべての皆様に最高のラインを、そして楽しく安全なツアーを提供できるよう、きっとブランナンも空から見守ってくれています。